気持ちが良い家庭環境にすること

気持ちが良い家庭環境にすること

睡眠不足を予防する方法として考えられるのは「家族との関係を良い状態にしておくこと」ですね~。

 

これは一時的ではなく継続して良い状態にしておかなくてはいけませんよ~。

 

一時的に家族と良い関係を築くのも大変なら、ひとり暮らしをするとか何か対策を考えれば良いでしょう。

 

家庭の事情はそれぞれ違います。

 

仲のいい家族もあれば何日も口をきかない家庭だってあります。兄弟仲が悪い家庭もあれば片親の家庭だってあります。

 

いろんな家庭の事情があるのでその家庭家庭でベストだと思える対策をしてみると良いでしょう。

 

我が家の場合は家族が私と娘の二人だけ。

 

だからでしょうか、とても仲が良い親子なんですよ~。

 

苦しい時を二人でチカラを合わせて乗り越えた経験などが私たち親子の絆をよりいっそう強くしたのかもしれません・・・。

 

家族の中が安定していると「家の中の気」がうまく循環するようになりますよ。

 

それが良い眠りに繋がってくると私は思うのです。

 

よい睡眠を心がけるために

よい睡眠は普段の生活を活動的にしてくれます。

 

しかし、睡眠だけをよいものにするというのは難しく、生活全体を快適にしていくことこそがよい睡眠につながっていきます。

 

たとえば仕事や家事など日常で疲れ果てて、すぐに寝付けるというのは一見睡眠にはよさそうですが、あまりにも疲れていると回復が間に合わず、睡眠自体もうなされたり悪い夢を見たりしてしまいます。

 

適度な疲れはいいのですがあまりにも無理のある活動はよい睡眠にできないこともあります。

 

倒れこむようにベッドに入って眠るというよりかは、少し眠る前に思いをめぐらしたり、ストレッチしたり気持ちも睡眠に入る準備をもてるぐらいな状態をキープできればよい睡眠が実現できます。

 

そうするには睡眠以外もできるだけ余裕を時間的にももってすごすことが大切といえます。

 

忙しければ忙しいほどいいという考えではなかなか実現できません。

 

安心感をもって一日に感謝して次の日もがんばろうと思える余裕こそがよい睡眠の心がけだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です